スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

発売!!……そして、え、何?きのこ?

 


 またまたご無沙汰してます。

つーか、めちゃんこ忙しかったです。
何でかって?
これですよ!!

 『GIANT KILLING extra vol.06』発売!!

おかげさまで、6号目!!あざっす!!

今回のテーマは「監督と、その相棒たち」。

サッカーは1人ではできなくて、監督も1人ではチームを作れない。
沢山のスタッフや、選手、コーチがいて、初めて一つのクラブチームが存在する。
そんな素敵な関わりを、色々なチームに聞いています。

そしてなんと言っても、今回の目玉は巻頭のピクシー!!

名古屋グランパスの監督、ストイコビッチ氏にやっと取材ができました。
実はこれ、相当長いこと頑張ってアプローチしていたんですよ。
なので、やっとピクシーに登場してもらえて、スタッフ一同歓喜ですよ。

写真も自分で言うのもなんだけど、すごくかっこ良く撮ってます。

それでもって今回、私がまた泣きながら書いた原稿は、仙台の手倉森監督のページ。
仙台にコーチとして来てから、今日まで約8年。
ベガルタを見続け育ててきた、素敵なお話を監督から伺っています。
良かったら、是非、ご覧下さい。

つーか、買ってくれ!!本気でね。

ホント、お願いしますよ。
値段若干上がっちゃったけど……ごめんなさい。
でも、面白いから!ね!!(必死)


そんな訳で、発売日の翌日、柏に行かなくても柏が撮れるって言うんで(失礼だな)
国立競技場に柏vs鹿島戦を撮りに行ってきました。

会場はまさかの3万人越え。

柏、いま絶好調だからすごいよね!

試合はね、柏がまた勝って、すごいね、って話なんだけども。
ちょっとビックリな出来事がありまして。



うん、鹿島の西選手だよね。

……じゃなくてね。
足下よ、足下。



え?なに?



……ピッチにまさかのキノコ。

これ、どーなの?
つーか、ピッチにキノコ生えてるの初めて見たわ。



ほれほれ、こっちにも。

実はピッチをよく見ると、あっちこちにキノコが。
これってさ、やっぱり セシウム的な 突然変異なのかしら?

あんまり多く育っちゃうと、選手も滑っちゃうよねぇ。



……と、これで終わりにしようと思ったんですが、も一つ気になることがあったので
報告しておこうと思います。


先日行われたコパ・アメリカ決勝。

ウルグアイvsパラグアイ、面白かったねぇ!



ウルグアイが見事優勝。いい試合だった。

でもね、ちょっと後半始まる前に気になることが。

キャプテンのルガーノが審判のところへ行ってたんですが。



ね?わかるでしょ、もう。



めっちゃタグついてるから。

決勝戦で、どうしてこうなるかなー。
南米らしいっちゃ、らしいんだけど。

色々危ないよね……。


そんなわけで、国立のキノコはとっても怪しいので触りませんでした。

『GIANT KILLING extra vol.06』

なにとぞ、何卒、よろしくどうぞーー!!




発売!!……そして・・・ファン?私の??

 
 どうも、ご無沙汰しております。

 そしていきなりまずは告知です。



遂に創刊1周年!!
あざーす、あざーす。

『GIANT KILLING extra vol.05』

なんとまさかの既に発売しております!
急いで!本屋に急いで!!意外と売ってないから!!

今回は創刊号から引き続きの、「絶対監督主義」の第2弾。
もうね、読み応えバッチリなので、是非、お手に取って頂けたらと。

つーか、買ってくれ。

……ね、もうお決まりってことで。
よろしくお願い致します。


さて、なんと1ヶ月もブログを放置してしまいました。
いやね、書こう書こうとはずっと思ってたんですけどね、いかんせん
震災もあったりで、あまりオモロいネタがありませんで

ただ書くのもどうなのかと(自分でハードル上げるクセがある)。

そうしましたらね、先日母からメールがあったんです。

「extra読みました。カズの写真良かったです。
 ところでいい加減ブログを更新して下さい。
 読んでる人がいるのですから。

まさかの母からブログ催促。

実は私の母は書道の先生をやっておりまして、大人に教えとるんですよ。
聞くと、その生徒の方々がブログを見てると言うんですね。

 「あんたのブログが面白いから、好きなんだって」

えーー!!それは 面倒くさ 嬉しい!けど、すげープレッシャー!!

それ言われちゃうと、余計ネタ気にしちゃうよー!
何でも良くなくなっちゃうよー!

……そんな訳で、見えないプレッシャーと戦いつつも、
今日からまた、しっかりブログを更新していこうと思う次第です(泣)。

今回は、面白いこと何もなかったので、この写真で失礼します。



以前ソウルで出会ったゆるキャラです。
これ、人ですかね?

なんか周りに日本語多いし……。

ということで、GIANT KILLING extra vol.05発売中ですので!!

よろしくどうぞー!!!





発売!!……そして恐るべし安田忠夫。

 


ちょっくら過ぎてしまいましたが、21日に

『GIANT KILLING extra vol.04』

が発売されました!!

今回のテーマは「外から見る日本」。

色々な角度から、日本サッカーについて語られています。

このGIANT KILLING extraは、基本的にはジャイキリ本誌同様、
なるべく「Jリーグ、または近辺」をメインに取材するように心がけていて、
あまり日本代表については取りあげることはありません。
それは、やっぱりJリーグをもっと盛り上げたいから、という作家のツジトモくん始め
編集部の強い思いがそうさせています。

っていっても、Jから世界に羽ばたく選手、更に活躍する選手も今は沢山います。
そしてJリーグでプレーしている選手も世界の選手も最終目標は「ワールドカップ」。

「世界」とはやっぱり切っても切れないわけで。

じゃあ、海外から見える日本のサッカーって、どうなんだろう?ってことで
この企画ができました。

かつての日本でのサッカーや、外国人監督から見えた日本サッカー、
日本人選手が海外で見えた日本のサッカー。
色々網羅されてます。

ちなみに、今回私はJ1クラブの3人の通訳さんから話を聞いて
通訳さんのお話を書いています。
……ぶっちゃけ、私の書いた記事に関しては、
あまりしっかりテーマに沿えてないんですが。
気にしない、気にしない!
オモロければオッケー!(なはず。)

ってわけで、本当に、お願いだから

買ってくれ!!

是非ぜひ、お願い致します。



とまぁ、話は変わりますが、先日強烈な場所に行ってきました。


 
説明不要なこの感じ。
もちろん入り口では、



神がいらっしゃいます。

昔から仲良くさせて頂いてるライターさんの田崎健太さんが主催のプロレスイベントが
来月あり、その営業に撮影のお手伝いに行ってきました。

そのプロレスのメインレスラーは、「安田忠夫さん」
そう、10年前、あのジェロム・レ・バンナを倒した伝説の男です。
(あれ?もう女子は引いてる?)

その安田さん、元はお相撲さんでして、今回この引退興行で集めたお金を
根こそぎ持ってブラジルに行き、ブラジル人に相撲を教えて日本に送り込む、という
とんでもない野望を持っているのです。

そして、プロレスの師匠が神・アントニオ猪木様ですので、この酒場をお借りして
チケット営業に回った、といいますか。



突然の安田さん登場に会場大興奮。
じゃんけん大会でポスター&サインのプレゼントもありました。

チケットも結構売れて、なかなかいいイベントでした。

………つーか、私、こんなこともなければ、こんな凄まじい居酒屋来ないですよ……。
すごい熱気で、あっちこっちで『ダーッッッ!!!』って聞こえるし。



バーカウンターはリング上だし。



コースター&ジョッキは猪木だし。



ジョッキめちゃんこデカいし。

驚かせられまくりでしたよ。

そして、ブログ用に記念写真…と思ったら



お姫様だっこしてくれました。
多少重くても、ものすごい安心感!!……すみません。

そんな、心優しい安田忠夫さんの引退興行が来週の2月4日に迫っています。



登場レスラーは曙・大谷晋二郎・高山善廣……and more!!
そして、スペシャルゲストも登場するらしいです。

詳しくはこちら!

http://yasudatadao.cocolog-nifty.com/blog/

ちなみに、チケットは3000円からあるらしいですよ!
みんなで飲みに行く感覚でプロレス観に行くのもいいと思います♪

そして安田さんからのメッセージです。

「この度、安田忠夫は、長らくお世話になったプロレスを引退することにしまし
た。今度の試合を最後に、二度とリングに戻ることはありません。プロレスには、
いい思い出も、悪い思い出もありました。こんな安田でも応援してくれたみなさ
ん、仲間に感謝しています。
 今後、日本にいると、ギャンブルの誘惑が多く、ろくなことにならないので、海
外で相撲を教えたいと思っています。しかし、ご存じのように安田、金がありませ
ん。この引退試合で少しでもお金を作って、日本を出て行くつもりです。この金は
絶対にギャンブルには使いません。
 最後の試合は必死でやりますので、二月四日の後楽園ホールに来てください。安
田の最後のお願いです」


というわけで、ジャイキリ&extra共々、よろしくどうぞー!!!




発売!!……そしてトラ。

 

こんにちは。

韓国に行ってから、なぜか腑抜けのようになってるのは誰ですか?
そう、私です。マッコリ飲み過ぎました。
単なるグータラです。

さて、遂にまたやって参りました。



『GIANT KILLING extra vol.03』本日発売!!

いやっほーい!!

今回のテーマは「育成」。

Jリーグのトップチームの試合しか見てなかったりすると、
なかなか馴染みのない名前の監督ばかりかもしれないですが、
選手にはみんな「10代」があった、って話です。

Jのトップチームや世界で活躍している選手が思春期に、どんな監督の下、
どんな環境の下で育ったか、など興味深い話が沢山!!

「子供を持つ親」世代にも、すごく参考になる内容なので、
是非手に取って頂けたらなーと……。

つーか、買ってくれ。マジで。

いやー、サッカーの話というか、私みたいなグータラな大人が反省してしまうような
胸を打つお話ばっかりですよ。

これを読んで我が身を振り返るも良し、最近の子供も純粋であることを知るも良し。
はたまた、表紙の椿に萌えるも良し。
色々ご活用ください!!



って訳で、私は先週日本代表の韓国戦を撮りにソウルに行ってきたわけですが。


前半、韓国攻めの方から撮っていたんですがね。

日本のコーナーキックになったときでした。

日本、頑張って!!カモン、先制点!!
と緊迫する状況。


ん?

……え?


出た! トラめっちゃ見てる!!

なんなら、「日本選手ジャマ」の勢い。
かぶりつき過ぎだろ。

でも、一度発見すると、もうダメ。


タッチラインにもいるトラ。(本田、気をつけて!!)


何かと写り込むトラ。(トラ、気を抜くな。見られてるぞ!)

アイツのおかげで試合に集中できやしない。

つーか、護国寺生まれのカッパに聞いたんですが、
中に入るのはMAX30分まで  マスコットも色々大変だと。

ま、韓国はサービス精神旺盛(+体力)なんでしょうね。
日本ではあまり最後まで試合観てるマスコットって見かけないですよね。


え?


いましたね。しかも3人も。

という訳で、選手も色んな方々から観られてるという意識で、
更に頑張ってもらいたいですね!(無理矢理)



諸々、よろしくどうぞー!!

発売!!……そして恐るべし、パッチテスト。

 




わーいわーい!!
遂に明日発売!!

『GIANT KILLING extra vol.02』

いやー、今回も濃い内容になってますよー!

vol.01が大好評だったため、まさかのvol.02発売。
決まった時は嬉しかったし、ちょっぴり緊張もしたなぁ。

このextra、実は購買層が意外にマンガファンじゃない人たちの方が多いらしく、
それにもビックリ。
監督に特化した、いわゆるマニアックな雑誌だけにどれぐらい受け入れられるか
心配だったけど、こうやって、2号目が出せるのは本当にありがたいし嬉しいです。

全ては、ジャイキリのおかげ、ツジトモ先生、綱本先生のおかげですが、
「マンガが楽しい」ところから、「実際のサッカーが好き」になってくれる人が
一人でも増えたら、本当に嬉しいです。


今回はね、他の漫画家さんの作品も更に増えて、読み応えたっぷりです!

ちなみに、私の大好きなエレキングの大橋さんも「フーリガン大橋」として
寄稿してくださってます!!
実はね、以前お食事した際に、私は編集者でもないのに、編集者の前で

「大橋さん!extra2号目で是非書いてください!!」

と勝手なオファーを出したのです。うへへ。

勝手なことしてすまなかった、編集者さんよ……。


ま、そんなこんなで、是非、あす書店で

買ってくれ。


そして、GIANT KILLING 16巻も同時発売!!

併せて買ってくれよな!(←何キャラ)




そして、忙しさからなのか、単なる虚弱なのかわからなかった蕁麻疹。
続けて出た薬疹。遂にパッチテストしてきました。

背中に何やらペタペタと貼られ、紙を渡されました。

「この2日間、絶対に汗かいちゃダメですよ。お風呂もね。
                  1歩も外を出ないこと

と無茶な命令をされましてね。(結局頑張って2日間一歩も出なかった)

その渡された紙がこれ。


ふんふん。ここに貼ってあるのね。

自宅に帰って、鏡に越しに写真を撮って確認。


 !!!

まさかの、油性マジックでマーキング!
初めてだ……。背中にマジック。

いやいやいや。こりゃ外歩けませんよ。

そして今日、いよいよこのパッチをはがしたわけですが。
この四隅の油性マーキングは来週まで続けるんだって……。
2日おきに消えないように、キュッキュと書くんだって……。

信号待ち、見えてるんじゃないかと背後を誰にも取られないよう
気が気じゃありませんでした。


という訳で

諸々、何卒よろしくどうぞー!!






発売!!……そして謎。

 

遂に本日「GIANT KILLING extra vol.1」発売です!!

いやー、待ちに待った発売。
今は心から嬉しい限りです。

GIANT KILLINGの1話が冒頭カラー含めて再掲載!

そして読み応えたっぷりの内容。

完全に「監督」に特化した、なかなかできない雑誌です。

ぜひぜひ、お手に取って頂きたいです!!

つーか、買ってくれ。

よろしくお願いします。マジで。
この雑誌の裏話は、また後日ちょいちょい出していこうと思ってます。



さて、昨日・一昨日とチャンピオンズリーグがありましたね。
私、こんなにサッカー好きだったっけ?と自問自答しながらも、
2日で試合も観てしまった……。
(正確に言うと、ACLも2試合観た。見過ぎだろ)

今朝方の、アーセナルvsバルサ、すごかったねぇ。

ケガ人続出、カード出まくり。
序盤のバルサの猛攻に、キーパーのファインセーブ……。

色んなことがあり過ぎて、あっという間でした。



ただね……ちょっと気になることが他にも。

何度もヴェンゲル監督がテレビに抜かれることがあったんですが、
私はヴェンゲルよりもこっちに釘付けでした。


ね?わかるでしょ?



何があった??

ズルむけじゃないですか!!

階段から落ちたか?
自転車で、頭からイったか?

セスクらケガ人続出で、痛々しいシーンがたくさんあったにもかかわらず、

まさかの、コーチも大けが。

いやね、さすがの私も、「もしかしたらこれは昔からの痣とかかもしれない」
と、心配になり、調べたんです。


全然、元気でした。(良かった、良かった)

そして、彼の名前は

パット・ライス。


パット・ライス。


ヴェンゲル監督と言い、なんだか、アーセナルは日本に縁があってステキですね!

2nd legは色んな意味で、すっごく楽しみです。


と、言うわけで、「GIANT KILLING extra vol.1」本日発売です!!

よろしくどうぞー!!





ジャイキリ X モーニング = EXTRA !!

 
 ひゃー。やっと解禁。

1月末から、なんだかやたら忙しそうにしてたのは、全てこれの為でした!


表紙、できたてホヤホヤ。

GIANT KILLINGが4月4日からNHK-BSでアニメで放送されます。

それを記念して、というか、盛り上げ役として、

4月1日に、ジャイキリの別冊、


が発売されます!!

とことん「監督」にこだわって、インタビューは「オールJ監督」。
豪華な面々が出てくださってますよ。

そしてGIANT KILLINGも1話載ってて、
その他ジャイキリファンのマンガ家さんがサッカーについて書き下ろしたり、
充実の内容となっております!!

昨日の夜中、みんなであーでもない、こーでもないって、いっぱい考えて
この表紙になりました。かっこいいよね?
多分、これで決定になると思うけど……。

もちろん、表紙もツジトモくん書き下ろしです。


それにしても、モーニング編集部はマンガがいっぱいあって楽しいね!(当たり前だけど)

夜中、印刷所から上がってくるものを待ちながら、物色。
読みのがしたら、ここに来ればいいんだと確信。


若いムッちゃんとヒビト、可愛いね。

なんせ、夜中の編集部は光文社の『VS.』に居たとき以来だったので
ちょっと懐かしくも、新鮮でした。

接待して、顔真っ赤にしながら編集部に帰ってきて仕事してる人とかいてね。

そして、写真・原稿のチェックして、帰路についたのは夜中の3時半。


おなかペコペコで死にそうだったので、近所の編集さんとラーメン食べて帰りました。

恵比寿でずっと気になってた「AFURI」。
神宮前にもできたということで、帰り道なので行ってみた。

あっさりだけど、すごく美味しかったー。
ユズの香りが良かったわぁ。

ま、確実に太るけどね。

と、言うわけで、GIANT KILLING extra、お楽しみにー!!

あー、出来上がるの楽しみだなぁ。

マー君!!

 
やっと発売!


KKベストセラーズから本日発売された『Men's KITCHEN vol.3』

まだ、隔月発売の、昨年の10月に創刊された男性向けの料理雑誌なんです。

たまたま、巡り巡っての縁で担当の編集さんからお声がけ頂き、
この表紙、私が撮ってますー。

もちろん中のマー君のページもね!


そもそも、なんでマー君が料理雑誌?って話なんですが。

実は今年から球団の寮を出て、一人暮らしを始めたマー君。
「料理してみたい!」との話から、晴れてMen's KITCHENにご登場!


おうおう!私も頑張ってますな!!(赤いチェックのヤツね)


でもね……色々難しいんですよ。

「ピッチャーは刃物厳禁」

刃物で怪我して、登板できなくなたら大変ですからね!

と、言うわけで、この度マー君が挑戦している料理は、全て NO包丁!

刃物はダメなんですが キッチンばさみだけで調理。
そのレシピを考えたフードコーディネーターの矢永先生、天才だね。


最後に先生との食事。

カイワレ加えて、お茶目なマー君。

自分で初めて作った料理に、ご満悦でした。

そして、ものすごく、テレビで見たまんまの、優しい好青年でした!
(だって、「マー君」って呼んでいいって言ったもの!)


そんなMen's KITCHEN、実は男性だけでなく、女性にもモッテコイの
読み応え、そして簡単レシピたっぷりの雑誌なんですよ。

例えば……


ちょーーーー基本の生姜焼きの作り方とかね。

切り方の名前や、計量の仕方、女の子は今更聞けないような基本の基本を
教えてくれるのが前提なので、男女ともに楽しめますよ。

しかも男性向けだから、何でもギアから入る男性らしく、
調理グッズも満載。

是非ぜひ、お買い求め頂ければと!!
(この号、色々懸かってるので!<編集者談>)

でもでも、持ってると結構使える雑誌ですよー。(ふつーに)


ほんでもって、この度の撮影中、私の写真を密かに撮っていてくれたのは……


料理の仕事を勉強中の我が友、石川葉子でした。

勉強するだけでは悪いと、片付け手伝ってます。

紹介する度に、「おー!セントフォースですか!!」と驚かれていて、
その「セントフォース」と言う名前の大きさにビックリした次第です。


スタジオ入りから、待ち……撮影と、トータル8時間。

いいもの出来て良かったです。

最後に記念に。



Men's KITCHEN、よろしくどうぞー!


明日は鹿島ー。とーいー。












EXILIM × チーム青森

 



先日、青森にカーリングを撮りに行ったと書いたんですが。

CASIO EXILIM の撮影でした。

EXILIMのHIGH SPEEDカメラで、手軽にスポーツのフォームチェック
などができる、というのをチーム青森が半年も前から活用しているそうです。

確かに、すごいクオリティでスロー撮影ができるので、撮影後は
プロのENGカメラマンになった気がしますよ。


興味のある方は、見てみてください。
カーリングのルールなども載っていますよ。
(ちなみに、動画だけ、私が撮ったものではないですが。)



オリンピックでメダル取ってくれるといいなぁ!

頑張ってほしいです。



でびゅー。

 

昨日発売のNumber。

ラグビー号……


しゃーせん!
自分、なんと「あのナンバー」で原稿デビューしてしまいやした!

年明けからの慣れないこと、イケメン……全部これでした。

昨年末に依頼が来た時は、正直 世も末 びっくりしましたよ。
電話口で、何度編集者に問いかけたことか。


「正気ですか?!」とな。


しかも、ラグビー号。
度肝を抜かれるとは、このことでしたよ。

ドギモ。

DOGIMO。

いや、特に意味はないけど。(字面が気になって)


だってさ、ナンバーっつったら、ライターさんなら
誰もが書きたい雑誌ですよ。
まさか自分が原稿書くことになるなんて、誰が思いますか。え?

ページをめくれば、そうそうたるライター人の顔ぶれ。

……でお前、何顔出しまでしてんだよ。

っちゅー話ですよね。
ホントすみません。


でもね、選手の皆さん、
ホントにかっこ良かったですよ。

1位の城戸選手と撮るの忘れちゃったけど。


NECの藤戸選手。
ね。


RICOHの生沼選手(&編集の播田さん)。
ね。

かっこいいっしょ。
私の中のラグビー選手のイメージ、大分変わったもんなぁ。

なかなか、こう立て続けにイケメンに会うことないから、
なんて言うの?充電できたって言うの?(男っけを)

本当に、色んな意味で貴重な経験をさせて頂きました。


一応、この企画はラグビーにまだ触れたことない方向けで、
これを読んで、ちょっとラグビーに興味もってくれたらいいな、ってのが
目標で作りました。

なので、色んな人に読んでもらえたらいいなぁ……と思っています。

ま、なんせ私が書いてるくらいだから、難しいこと一切ないしね!


いやいや、にしても、今はとにかく終わってホッとしてますわ。


そして、昨日母親から電話がありました。

母 「あの、美人広報の記事も一緒に載ってるけど、どうなの?」

私 「え、どうって、最初から決まってたんだよ」

母 「違うわよ。そうじゃないわよ」

私 「何が?」

母 「あんた、あんな美人と同じページに顔出して、どーなの?」

私 「……どーなんだろね……(泣)」


マジで、色々すみませんでした。


ま、色んな意味で、楽しんで頂けたらと思う次第です。

佐野美樹、32歳……前向きにこれからも頑張って行こうと思います。

よろしくどうぞー。












calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM